Let’s learn 「時間」の英語 with 可愛い絵本♡
「Wake up! Wake up!」で1日が始まるこの絵本、朝起きて、顔を洗って、服を着替えて、ご飯を食べて… さぁ、今何時?「Time for a hug!」 「Well hug at nice.」「We’ll hug at ten.」9時、10時にハグするの 🙂  「Two o’clock, three o’clock.What shall we do?」 ボールで遊んで、自転車に乗って…今何時?「Time for a hug!」 Read More →

「YES」と「NO」を言えるようになったら、やって良いこと、悪いこと、の区別がつくようになり始めたということ。

やって良いこのには「Yes Yes」ダメなことには「No No」と、わかりやすい可愛いイラストで教えてくれる絵本です。動画を見るとわかりやすいですが、自分で言葉を付け足して「猫のしっぽを引っ張ってる!No!No!」など、 Read More →

アイルランドの絵本デザイナーで、Time Magazineの「デザイン100」にも選ばれたクリス・ホートン氏の2014年の作品。

森の中で鳥を捕まえようと、静かに静かに鳥に近づく3人の子どもたち(あれ?子どもですよね?まさか大人??) そして、鳥に話しかけようと近づいてくるもう一人の子どもに「Shh!」。そしてプラン通りに網を使って鳥を捕まえようとするも失敗。。。次もプランがあるんだから!こっそりそっそり…「Shh!」を繰り返しながら、進んでいくそのストーリーは、読み手も聞く子どもたちも、「しーっ!」と口に出し、楽しんで遊ぶことができる絵本です。 Read More →

2015年のNHKの朝ドラ「マッサン」のヒロイン役だった「エマ」。子どもが生まれたら、エマという名前も可愛いかも~と思った人も少なくないんじゃないかな :) たまたま友達の子どももエマちゃんと名付けられたので、この本をプレゼントしました。

「emotion(感情) primer(子どものための読本)」で、「Harriet is Sad.」「Mr.Elton is angry」というように悲しい、怒るなどの感情が分かりやすいイラストで描かれています。ぜひ周りにエマちゃんがいたらプレゼントしてはいかがでしょうか 😉 2015年8月に発売された新しい絵本です。 Read More →

アナと雪の女王が好きな子にはピッタリの絵本!
可愛いパッケージBOXの中に、ANNA、ELSA、KRISTOFF&SVEN、OLAFの4冊の絵本が入ってます。ページ数は多くないけど、4冊入ってこの値段なら、お得かも(絵本って意外と安くないですよね…)
だいたい映画と同じ内容で1ページに1行ずつぐらいの簡単な英文がかかれているものなので、ストーリーを知ってるお子さんとなら絵を見てるだけでも楽しめるはず♡  Read More →

表紙からぽっこり飛び出した立体的なてんとう虫が目をひくこの絵本。
「Ten Little Ladybugs」
つるの上に小さな10匹のてんとう虫がいました。そこにちょうちょがやってきて…ページをめくるとてんとう虫は9匹に。さらにそこに、いもむしがやってきてページをめくると、なんとてんとう虫は8匹に…
ページをめくるごとに、違う昆虫や動物がやってきて、てんとう虫が1匹ずついなくなります。…まさか、絵本なのに食べられてしまう話なのか!?

Read More →

「はらぺこ青むし」のクリスマスバージョン 🙂
題名に「123」とあるように、数字に関する絵本で、「two Christmas trees」「three snowmen」など、クスマスにちなんだアイテムと一緒に数字も覚えられる一石二鳥な絵本です!簡単な英語を使ったものだし、友達の子どもへの気軽なプレゼントにいいかも。
Read More →

定番中の定番!
「くまさん、くまさん、何見てるの?」
「僕を見てる赤い鳥さんだよ」
「赤い鳥さん、赤い鳥さん、何見てるの?」
「私を見ている黄色いあひるだよ」
(これ私の適当な訳なので、二ヶ国語版に書いてあるものと異なります)
とテンポよくストーリーが進み、子どもたちに大人気。
たくさんの動物も出てきます。

Read More →